Monthly Archives: 7月 2012

安全衛生方針

先日の環境方針に続き、今回は安全衛生方針をアップさせていただきます。
これは副工場長と私の合作でもあります。
クールでプロフェッショナルな副工場長の、秘めたる熱い想いが込められた素晴らしい方針だと思います。
一人一人の理念に則した取組みを期待するとともに、経営陣のほうでも全力サポートしていかねば…と気を引き締めているところです。

                                                       

安全衛生方針
<基本理念>
「企業の存続は人であることを認識し、従業員が安心して働ける環境を整えることで、お客様と社会の信頼に応える。」
<行動指針>
一、安全最優先の考えと行動が、自然にできるレベルまで安全文化を高める。
一、安全衛生に関する法令と社内規定を遵守する。
一、定期的な教育とコミュニケーションの場を設け、不安全な行動と状態を徹底的に排除する。
一、一人一人の健康保持に常に気を配り、恒久的なゼロ災害・ゼロ疾病を目指す。

NHK BSプレミアム(2011/7/31)

今日は実家でのんびりできたので、たまった録画を一気に見ました。
といっても最近はほとんどNHK関連です。
なでしこジャパンの特集を見ていまだに感動させていただきました。
それと最近は特にBSプレミアムにはまっています。
「ケネディ家の人々」「大聖堂」「異端の王」なんかも面白かったし、「新選組血風録」の次にスタートした連続時代劇「テンペスト」も気に入ってます。
これは幕末頃の琉球王国を舞台にしたお話ですね。
ちなみに「江」は18時からスタートするので、NHK通常放送より少し早めに見ることもできます。
明日からは江沢民の特集があるし、歴史好きの私にはたまらないラインナップなんですね。
あっそうそうこれはNHKではなく民放ですが、日曜に関西にいる時は「たかじんのそこまで言って委員会」も基本的に見るようにしています。
過激ながら一番まともな報道をしているし、とても勉強になりますよね。
皆さんも一度チェックしてみてはいかがでしょうか?
歴史や政治に興味のない人には全く響かない内容かもしれませんが…。

スピード

オリンピックサッカーモロッコ戦の永井選手のゴールは素晴らしかったですね。
まさにスピードを生かしたゴールです。
ところでグループ初戦のスペインと第二戦のモロッコは、ジブラルタル海峡を挟んですぐ隣同士の国でもあります。
ここは古くからヨーロッパとアフリカを繋ぐ海峡で、カルタゴのハンニバルがこの海峡とヒマラヤ山脈を抜けてローマに奇襲をかけたことは有名です。
この時の話だけでも塩野七生さんの「ローマ人の物語」は絶対に読む価値がありますね。
ちなみに私も昔バックパッカーしてた時に、恐る恐るながら船でモロッコまで渡ったことがあります。
その時はロンドンから来てたイギリス人家族と仲良くなって、イギリスでプレー中の日本人サッカー選手の話をしたことを覚えています。
ハンニバルは結果的に彼の戦術を学んだローマ帝国のスキピオ アフリカヌスに敗れますが、いずれにせよスピードが戦いの勝敗に多大な影響を与え続けました。
戦う組織にとってスピードは最強の武器であり、ハンニバルや永井のような人財を抱えるチームが有利であることは歴史が証明しているのです。

女子会(2011/7/30)

IMG_7386.jpg

今日は奈良の実家に女子社員を招いてのホームパーティーでした。
大成のなでしこさん達は皆それぞれに魅力的なんです。
今日も楽しく美味しく仲良く盛り上がりました。
それにしても、ほんと女性って優秀な人が多いですよね。
これからもっともっと女性が活躍できる職場にしていきたい、いやしていかねばならない…とあらためて感じた一日でした。
男性は男性の個性、女性は女性の個性…。
差別ではなく区別はしつつ、互いに相乗効果を上げていっていただきたいと思っています。

環境方針

企業は第一に方針を明確化しておく必要がありますね。
例えば…。
経営方針、営業方針、工場方針、人事方針、教育方針、購買方針、品質方針、環境方針、安全衛生方針、グループ方針などです。
今回はいきなりですが、弊社の環境方針を紹介させていただきたいと思います。

方針を示すには、理念と行動指針が柱になると考えております。

 

環境方針

〈基本理念〉
私達は全ての事業活動において、恵みある地球への感謝と配慮を忘れず、環境保全への取り組みを積極的に推進します。

〈行動指針〉
一、限りある資源・エネルギーを大切に活用する。
一、環境に負担をかけない新技術の開発と応用に努める。
一、一人一人の環境保護意識向上を図り、智恵と勇気を持って行動へと繋げる。

叙々苑(2011/7/29)

IMG_8780.jpg IMG_4574.jpg

今日は叙々苑の銀座コリドー店に行って来ました。
なにげにちゃんと来るのは初めてです。
ランチで牛丼を食べたことはあるのですが…(笑)。
待ち時間にお水をいただいたのですが、飲み干した瞬間すぐに次のお水が出てきたのには感動しました。
お肉も超美味しくて、さすがは有名店です。
ちなみに叙々苑の後は最近銀座で定番化しつつあるのですが、カフェドギンザミユキ館でモンブランをいただきました。
どんだけ食べて酔っ払ってても、別腹は入るから不思議ですよね。

ハーモニー

IMG_0831.jpg IMG_4823.jpg

土曜は浴衣姿で屋形船に乗り込んで、隅田川花火大会に行って来ました。
眼前には月とスカイツリーも見えて、最高のポジショニングでした。
今回が花火とスカイツリーの初共演(ハーモニー)です。
ちなみに今日はロンドンでオリンピックも開幕してます。
世界の調和(ハーモニー)にプラスの役割を果たすことを期待したいですね。
ところで、調和(ハーモニー)を辞書で引くと、

「全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。また、そのつりあい。」

とあります。
ビジネスでもプライベートでも、調和(ハーモニー)を大切にしていきたいものです。

私が期待するデザイン部 10の行動(その一)(2011/7/ 28)

「クリエイティブだけでなく、非クリエイティブな側面も大事にする。」

                 

現在弊社ではデザイナーさんを募集しております。
随時面接をさせていただいているのですが、私達が採用にあたり重視しているポイントはデザイン力だけではありません。
もちろんデザイナーさんですからクリエイティブな側面が最重要なのは言うまでもないことですが、私達はそれと同じくらい非クリエイティブな側面も重視しているのです。
なぜならまだまだ伸び盛りの印刷会社デザイン部としては、版下作成や校正依頼に加えて図面確認や電話応対・接客なんてことまでこなさなければならないからです。
こういった日々の業務を丁寧にこなしながら、空いた時間でデザインの構想を練っていく…。
そんな地道な努力を情熱を持って続けられる方でなければ、大成紙器印刷のデザイナーを務めることは難しい…と私達は考えています。

サプライズ

IMG_4544.jpg

なでしこジャパンに続き、U23サッカー日本代表がやってくれましたね。
王者スペイン相手に危なげ無い大人のサッカーをしていたと思います。
とてつもない快挙なのに、さほどサプライズと感じないくらい終始圧倒していました。
最近の若手は世界に対して身構えてないところがイイですよね。
吉田選手の「まだ何かを成し遂げたわけじゃない」というコメントも良かったです。
経営においてもゆとり世代とか勝手なレッテル貼りをせず、各年代一人一人のいいところを認め信じ合いながら共育していくことが大切なのでしょうね。
完璧な人間などどこにもいないのですから…。
それでもベストを尽くすことこそ美しいのだと思います。

(おまけ)
今日奈良工場で来客をお迎えした時に、コースターにレーザー加工がされていました。
こういうサプライズは気が効いていて嬉しいですね。
おもてなしの心が持てる工場というのはイイと思います。

私が期待する立体企画部 10の行動(その一)(2011/7/ 27)

「0.1mmにこだわる。」

          

パッケージ印刷会社にとって、印刷(平面)と設計(立体)は両輪ですよね。
特にパッケージならではの優位性は、設計のノウハウにこそ生じてくるのだと思います。
デザインや印刷が素晴らしくても設計がイマイチなら、お客様の満足するハイクオリティのパッケージは作れません。
設計のプロである以上は、まずコンマ1ミリにこだわる姿勢が必要なのです。
紙だからとか間接容器だからとかいう言い訳は一旦忘れて、直接容器と同じような精密な設計ができる会社にしていかなければなりません。
お客様の満足はそこにあると私は日々感じているのです。