Daily Archives: 2013年4月12日

私が考える会議改革 20のポイント (その十四)

「会議よりお客様の電話を優先する。」

会議中にお客様から電話がかかってきた時に、「ただいま会議中のため折り返させていただきます」と言ってる人(会社)は正しい判断ができているのでしょうか?
私は判断基準が間違っているのでは?…と違和感を感じます。
そもそも会議というものは、お客様の満足度を高めるために行っているはずだからです。
それなのにお客様からの電話より会議を優先するのであれば、まさに本末転倒となってしまいます。
これが原因で大きな仕事を逃すことだって十分ありえるでしょう…。
このように組織はなぜか間違った方向に行ってしまいがちですから、どんな時もお客様が優先であることを肝に銘じておかなければなりません。
会議も内なる論理ではなく外向きの論理で進めていく必要があるのですね。

私が期待する管理部 10の行動(その九) (2012/4/12)

「社員の良き鑑となる。」

管理部は他部門との距離感を適正に保たなければなりません。
管理部には管理すべき様々な情報が集中しているのだから当然のことですね。
年齢や役職に関わらず、誰よりも口が固く鑑となれる人間性を身に付けておく必要があります。
管理部は信用第一なのです。
そのためにも常に献身的に社内の雑巾がけを率先し、職場環境のケアをしていかなければなりません。
普段から組織の黒子役に徹しつつ、時には個人を超越した職務を粛々とこなさなければならないことだってあります。
組織の理念と個人の理念を一致させていく努力も、管理部員にとっては人一倍重要なことなのです。
そういった本質的な素養とバランス感覚こそ、絶対的に欠かせない資質であると私は考えています。
繰り返しますが…管理部は組織の善悪を映す鑑であり、信用第一なのです。