Daily Archives: 2013年4月19日

私が考える会議改革 20のポイント (その十九)

「安易な妥協は一切許容しない。」

本日は本社の営業ミーティングに参加しました。
表面的な発表だけを聞いていると、ついつい問題の本質は見逃してしまいがちです。
少なくともそういう空気感が生じやすい感じがします。
これは発表者が小手先のテクニックに走って、発表のための発表になっている兆候でもありますね。
そういう時は妥協なくその空気を壊すことが重要です。
よくよく見ていくとそれぞれに課題を抱えていたりしますので…。
現状の成績について自ら客観的に見直すきっかけを作り、即座に反応できるよう感度を高めてもらうしかありません。
また、時間が足りずに中途半端な決定をしたり、問題先送りになってしまうこともありがちなことです。
中途半端な決定がダメなことは言うまでもありませんが、問題先送りも現状維持と同じことになってしまいます。
会議では安易な妥協は一切しない。
私はそういう意気込みを持って臨むよう意識しています。

私が期待する資材物流部 10の行動(その九 )(2012/4/19)

「世界的視野に立つ。」

企業規模が大きくなると、世界を相手に商売を始める可能性もそれだけ高くなります。
そうなればもちろん物流は国内だけで完了しなくなりますね。
今はほとんど無い状態でも将来必ず必要となると見越して、今のうちから貿易に強くなるべく勉強しておきたいところです。
そもそも物流は世界に張り巡らされているのですから、ある意味で最も世界を意識しやすい部署ともいえましょう。
貿易や通関についての勉強をしたり、関連の資格を取得したり…。
そういったことが必要とされる時が、もうすぐ必ずやって来るはずです。
(というか、世間ではとっくに必要な時代に入ってる…。)
少々焦りもありますが、楽しみにしつつ共に頑張りたいものですね。