Monthly Archives: 12月 2013

優良法人楯表彰式

IMG_8272.jpg

昨日は東大阪税務署の優良法人会に出席しました。
その中で表彰式があり、楯を授与いただけることになったためです。
そもそもこの会には東大阪で96社しか登録されていないらしい…。
会社の代表としてはとても誇らしい気持ちですし、同時に身の引き締まる思いでもあります。
先日ある高名な会長様との忘年会で、「儲けるからスタートしたら儲からない。世の中への貢献からスタートしたら結果的に儲かる。」とご指導いただきました。
私としては会社を成長させることを通じて、世の中の発展に貢献していきたいと考えております。

戦略ストーリー

楠木健さんは著書で、戦略の成功には以下の要件が必要と書かれています。

一、ストーリーの有無。
二、メンバーがストーリーを信じているか否か。

将来はいつだって不確実です。
正解はもちろん誰にも分かりません。
一つだけ確実なのは、10年後30年後50年後に今のまま変わらずにはいられないということ…。
だから周囲の変化に対応して、自らを常に変革させていかなければなりません。
そのために企業は戦略を立てて、進むべき方向を皆で共有していくのですね。
そして「我々はこの道を進んでいこうという明確な意志、それが戦略ストーリー」ということになります。
「ストーリーを語るということはこうしようという意志の表明であり、こうなるだろうという将来予測ではない」のですが、「変化を恐れずに現実を超えていこうとする成長への強い意志」をストーリーに組み込むことで未来は好転すると信じています。

研修 > 応援

今日は久しぶりに工場の現場で手伝いに入りました。
時々はこういう時間も非常に勉強になります。
特に忙しい時や緊急時は助け合う気持ちが大事ですからね。
困った時にサポートしてくれる会社の仲間とその家族…そしてお取引先(お客様と仕入先さんの両方)の存在は、会社の強みの一つであり簡単には手に入らない財産でもあります。
それを再確認できる一番の機会は、営業活動でも製造活動でも現場にいる時なんですね…。
だから私は戦略をイメージする一人の時間をなるべく設けるようにしつつ、同時に現場に入り込んで身体を動かすことも好きなのです。
この両方の掛け算こそが重要だと考えています。