Monthly Archives: 8月 2014

SAISEIの挨拶文

ついに初の自社ブランドSAISEIが立ち上がりました。
今後サイトにアップ予定の挨拶文を考えましたので、一足先にアップさせていただきます。
SAISEIの何たるかを、私なりに簡単に説明させていただいております。

 

<ご挨拶>

この度はSAISEI楽天市場にお越しいただき、誠にありがとうございます。

 

株式会社SAISEIは、TAISEI株式会社(2014年6月に大成紙器印刷株式会社から名称変更)のB to C向け子会社として、2014年6月に設立されました。
商品開発〜デザイン〜製造まで、一貫して自社グループ内で行っております。
そして「レーザーカット×機能性×デザイン」をコンセプトに新たな価値を創造し、お客様に直接お届けすることがSAISEIのミッションです。

 

SAISEIの名前の由来は、TAISEIの経営理念の一節「彩りある生活文化を創造します」からきています。
つまり、漢字で書くと「彩生」です。

同時にTAISEIのキャッチフレーズ「Something different , think together」も表現しています。
これは漢字で書くと、「差異生」となります。

さらに既成の価値を「再生」するという意味も込めています。
そのため、ロゴマークの三角は再生ボタンの形状をイメージしています。
(※フラッグの形状もイメージしています。)

 

今後はSAISEIブランドに私達の想いと願いを込めて、コンセプトに沿った商品開発とブランディングを進めてまいります。

毎月一アイテムずつ新商品を追加投入していく予定ですので、今後の展開もぜひ楽しみにしていて下さい。

 

新たなチャレンジですので、至らない点も多々あるかと思います。
皆様の温かい御支援を何卒よろしくお願いいたします。

出雲工場

image_9.jpeg image_10.jpeg

今週は月曜に本社→奈良工場、火曜が名古屋営業所、水曜は名古屋→東京支店、木曜に東京→出雲工場と大移動して、本日は出雲でお客様の立会いでした。
途中少し時間ができたので、駆け足でしたが出雲大社にも参拝できました。
TAISEI株式会社の工場はそれぞれ法隆寺と出雲大社の近くにあるので、工場見学にお越しいただいたお客様のほとんどが立ち寄られます。
これからも神聖なパワースポットで「氣」を充填しつつ、お客様と共により質の高い仕事を目指し邁進してまいります。

金閣寺

image_8.jpeg

昨日の銀閣寺に続き、本日は金閣寺に向かいました。
今の自分がこの対比をどのように感じるのか、確認しておきたかったのです。
しかしバスに乗り込んだ瞬間、激しい雷雨に見舞われてしまいました…。
結局今回の金閣寺エリア観光は断念して、京豆腐不二乃で食事だけして帰ることとなりました。
金閣寺は近日中にリベンジするとして、来年は五山の送り火をじっくり見に来ようと思っています。

銀閣寺

image_6.jpeg image_7.jpeg

お盆休み中ということで、近場ですが京都に一泊旅行に来ています。
まずは「モリタ屋」でお肉を食べてから、バスで銀閣寺まで行って来ました。
銀閣寺に行くのは中学か高校の時以来だったかもしれません。
当時は全然銀ちゃうやん…なんて思ったものですが、さすがに今回は侘び寂びの趣きに感動しました。
帰りは近くの有名店「㐂み家」で京スイーツをいただき大満足の一日となりました。

名古屋の新事務所 おまけ

image_4.jpeg

 

image_5.jpeg

 

外観と窓から見た写真もアップしておきます。

名古屋の新事務所

image_2.jpeg image_3.jpeg

おかげさまで名古屋営業所を本格的に移転します。
8/18の正式オープンに先立ち、本日荷物の搬入を行いました。
丸の内駅階段を上がってすぐ近くの素敵なビルで、これからは場所もオフィスも最高の環境となります。
まさにここからが本当のスタートです。
東海エリアにさらなる新価値提案を次から次へと持ち込み、お客様のお役に立つことこそ私達のミッション…。
もちろんエリア戦略上も重要な拠点ですから、新たな門出でさらなる発展を目指します。
ショールームも充実させますので、近くにお越しのお客様はぜひ一度お立ち寄り下さい。
今後ともTAISEI名古屋営業所をよろしくお願いいたします。

ウカスカジー

image.jpeg

ワールドカップも終わりだいぶ経つのですが、ウカスカジーの「勝利の笑みを君と」にますますハマっています。
思えばミスチル桜井さんの音楽には人生の半分以上ハマり続けている計算になります…。
その時々で幾度となく励まされてきました。
幾つになっても変わらない格好良さと青臭さがたまりません。
皆さんもあらためて曲を聴いて歌詞を読んでみてはいかがでしょう?
私のテンションが上がっている理由は言うまでもなく、「胸にでっかい誇りを掲げ、まだ上にいけると信じ、高い壁を飛び越え、この夢の全貌を手に入れたい」からです。