大阪府知事・市長ダブル選挙(2011/11/28)

昨日の選挙では大阪維新の会が圧勝しました。
私は奈良県出身ですが、本籍も大阪、会社の本社も大阪、出身高校も大阪ですからね。
政治の話題はなるべく控えているのですが、今回ばかりは触れないわけにはいきません。
これまでは大阪の人達がいつも自虐的に政治のことを話しているのが歯痒かった…。
そしてそんな大阪人ですら現状を笑いに変えられなくなって随分経ちます。
そもそも大阪が元気でないと、関西(いや日本)は本当の意味では元気にならないのですからね。
ここから大阪(そして日本)は生まれ変わる…と期待したいところです。

もともと私は政治と経営は基本的には同じ(ニアリーイコール)と考えています。
政治は国家の経営だからです。
政治家(経営者)が正しくリーダーシップを発揮し、二重行政の解消など当たり前のことを当たり前に行うことで、必ずいい方向に進み始めるはず…。
大阪には素晴らしい会社(例えば大成紙器印刷とか…)がたくさんありますし、食や笑いなどの文化も発展しているし、少々特殊な環境の中で育つためか優秀な人材がたくさん輩出されています。
まずは無駄を省いて財政と規律を立て直し、その後は大阪のブランド価値をドンドン高めていって欲しいですね。
今回の選挙で改革こそがほとんどの人の願いであるということがハッキリしました。
今度こそラストチャンスだと思うし、個人的にはものすごく期待したい…。
とはいえ、リーダーに期待するだけではダメですね。
一人一人の意識と行動が変わることで、はじめて大阪も少しずつ変わっていくのだと思っています。