新ブランド「大成紙器製作所」初お披露目

 image1_3.JPG image4.PNG 大成紙器製作所
新しい紙器具ブランド「大成紙器製作所」が、Interior Lifestyle Tokyo(6/14・15・16)にて初お披目となります!

昨年3月に中川政七商店中川社長にブランドコンサルティングをお願いして、実は一年以上あたためてきたTAISEIの一大プロジェクトです。
アートディレクション&商品デザインは、原田祐馬さん率いるUMAデザイン事務所にお願いしています。
ようやく陽の目を見ることになりますが、ここまで来た喜びや感謝と同時にドキドキワクワクが止まりません。

今をときめく最高の経営者とデザイナーに、TAISEIの技術と経験が掛け合わさってできた、唯一無二のブランドとも言えます。
そのため当初の私達の想像を上回る、最高の仕上がりになったと確信しております。

 

《ブランドステートメント》
大成紙器製作所は、紙の道具「紙器具」を提案するブランドです。
「紙器具」とは、紙が私たちの暮らしに寄り添う道具として考え、その価値を再発見し「伝える・収める・設える」を理念とすることでつくられていく新しい日用品です。
また、2017年、大成紙器製作所を立ち上げたTAISEI株式会社は、大阪を拠点とし、紙箱や紙管を中心とした印刷・加工の技術やそのネットワークを活かした会社です。
1919年創業時の大成紙器製作所の名を掲げたブランドは、紙から生まれる文化を耕し作り手と使い手をつなげる試みを目指しています。

 

封筒からノート、ボックス、紙筒など、シンプルな商品構成の中に、紙器具らしいちょっとした違いや隅々までのコダワリが隠されています。
是非とも皆様、展示会までチェックしに来て下さい。
よろしくお願いいたします!